日々の泡

-----.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09.24 Sat 映画2本

 借りていたDVD2本の返却日が明日なので、立て続けに観た。

wanijuna.jpg「ワニ&ジュナ」(2001年・韓国)
 主役はキム・ヒソンと「MUSA-武士-」に出ていたチュ・ジンモだが、目的はチョ・スンウ君。回想シーンにしか出て来ないが、とても印象に残る役だ。恐ろしいくらい笑顔が爽やかだ。ひいき目で見ているせいか、チュ・ジンモの印象が薄れるほど。最初と最後のアニメーションには何の意味があるのか初めは分からなかったけど、ラストでそれが判明する。一応、ハッピーエンドという事で。全体的に静かな流れで、韓国ドラマのドタドタした雰囲気に慣れていると物足りなさを感じるかもしれないけど、韓国映画のこの辺のラインの空気感は好きだ。二人が住んでいる家が最高!この家に住みたい!
 それにしても、キム・ヒソンはどうなんだろう…上手いと思った事が一度も無いよ。何で人気あるんだろう?美人か?整形バレバレの目だし、昔くさいし。判らんなぁ。

マドレーヌ「マドレーヌ」(2002年・韓国)
 「バリでの出来事」に出ていたチョ・インソンと「美しき日々」「甘い人生」に出ていたシン・ミナのかわいいラブ・ストーリー。かわいいと言ってもパッケージがかわいいだけであって、妊娠騒動があったりと結構いろいろあるんだけど、主役の二人の恋愛は中学生並みで確かにかわいいと言えるのかもしれない。ちなみに、このパッケージのキスシーンは出て来なかった。

 両方とも、脇役に”見た事があるけどどこで見たのか分からない俳優”が出ていて気になった。「ワニ&ジュナ」は、ワニの後輩役の女優。「マドレーヌ」は、シン・ミナのルームメイト役の女優。この人は分かった。ドラマ「順風産婦人科」「男3人女3人」に出ていたカン・レヨンだ。韓国映画やドラマをたくさん見ていると、あちこちに出ている脇役が気になってしょうがない。
スポンサーサイト


 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。